永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯は生えてきません。
歯がないと、見た目が悪いばかりか、噛みにくくなってしまうという面があり、入れ歯などの治療を受ける必要がありました。
けれども、入れ歯は歯茎の上にのせているだけなので、噛むと痛みが出てしまうだけでなく、固いものが噛みにくいというデメリットがあります。

そこで、インプラントという治療が登場しました。
インプラントは、歯のない部分の骨にチタン製のネジを埋め込み、その上に人工歯をかぶせるという治療です。
骨とチタンは結合するので、自分の歯のように噛むことができるメリットがあり、見た目もきれいです。

けれども、ネジを埋め込む際には手術が必要になります。
即日で行える簡単なものですが、手術と聞くと抵抗を感じてしまう患者さんもいます。
手術の内容は、麻酔をしてから歯茎を切開し、骨を削ってネジを埋め込むというものです。
切開した歯茎は糸で縫合しますので、術後に気になるということはありません。
最近はフラップレスといって、歯茎を切開しない方法も登場しました。
フラップレスは、骨などの状態に応じて選択できる治療法です。

文章にすると、怖いイメージや痛そうと感じることがありますが、実はインプラントの手術は無痛で行うことができます。
最初に、笑気ガスといって、吸うと眠たくなり、神経がリラックスするガスを扱うことで、患者さんは恐怖心なく手術に臨むことができます。
笑気ガスは、吸引を辞めればすぐに元の状態に戻るので、自分の足で帰ることができます。

無痛治療といっても、麻酔の針が苦手という人もいるでしょう。
先に、歯茎をしびれさせる塗り薬を塗ってから、麻酔の注射をすることで、痛みもなく針を刺すことができます。
麻酔がきいてしまえば、痛みを感じることは一切ありません。
術後しばらく麻酔がきいている状態なので、帰ってからもしばらくは痛みはありません。

インプラントの手術後には、必ずお薬が処方されます。
腫れ止めのお薬は指示された通りに飲むようにしましょう。
痛み止めも出されますが、こちらは痛い時だけで構いません。
多くの場合、痛み止めは飲んでも1~2回ほどで、お薬が余ってしまったというケースの方が多いです。

インプラントは、即日のうちに手術を終えることができます。
時間としては1~2時間ほどで終わり、安全性の高い手術です。
痛みが心配であることを伝えれば、笑気ガスや、しびれ薬の使用など、配慮した治療を行ってくれます。

インプラント治療のデメリットとは?

インプラント治療は、入れ歯と比較するととてもメリットのある治療だと言われています。
確かに、きれいな見た目や、自然な噛み心地などは患者さんにとって大きなメリットになるでしょう。

けれども、インプラントにはメリットだけでなく、デメリットもあるということを覚えておく必要があります。
まず、インプラントは健康保険が適用になりません。
費用は歯科医院によって異なりますが、平均すると1本につき30~35万円前後の治療費になります。
失った歯の本数が多ければ多いほど、治療費も高くなっていくので患者さんの負担が高くなります。

そして、インプラント治療は希望すれば誰でも受けられるというものではありません。
チタンを埋め込む部位の骨が少ないと、治療を断られてしまうことがあります。
骨を増やす治療もありますが、その分の治療費がかさんでしまいます。

また、インプラントは手術をしてから、骨とチタンが結合するまで待つ期間があります。
骨の状態によっても異なりますが、3ヶ月は待つ必要があり、その後に人工歯をかぶせるための治療に入るので、治療期間が長くなるというデメリットがあります。
初診で来院してからも、レントゲンなどの検査が行われるので、最終的に治療が終わるまでには10カ月ほどの期間が必要になります。

インプラントをすれば、自分の歯のように好きなものを何でも噛めるというイメージがあります。
確かに、入れ歯と比較すると食べ物を選ぶことはなくなります。
けれども、インプラントは自分の歯ではなく、人工のものです。
いくら噛めるからといって放置していると、噛み合わせがおかしくなってしまいます。

そのため、インプラントの治療が終わってからも定期的にメンテナンスを受ける必要があります。
自分では磨き残しが出てしまう部分も、プロの手できれいに掃除します。
噛み合わせもチェックすることも大切です。
半年に1度受診することを継続して、インプラントを良い状態に保つ必要があります。

問題なく噛めているからと、歯科医院に行かなくなってしまうと、気付かぬうちに炎症を起こしてしまい、抜け落ちてしまうこともあるので注意しましょう。
インプラントは長持ちする治療だと言われていますが、それはきちんとしたお手入れをしているからこそ実現しています。
何度も歯科医院に行くのが面倒だと感じてしまう人には向かないかもしれませんが、インプラント治療をする前には、デメリットも知った上で受けることが大切です。

関連記事

  • NoImage

    オールオン4で自然な噛み心地を取り戻せる

    歯が全てなくなってしまった場合、総入れ歯を入れるしかないと思われている方は多いのではないでしょうか。 実は、歯が1本もない状態の顎でも受けられるインプラント治療...

  • NoImage

    見た目を気にするならインビザラインの矯正がオススメ

    歯並びは人の印象を左右する笑顔とは切り離せません。 また口元は表情を作るうえで重要な役割を果たしています。 歯並びにコンプレックスを持っている多くの人は歯列矯正...

  • NoImage

    出っ歯が悩みなら矯正歯科で改善!

    人と会話をする時は口元が見られやすいですし、歯並びが気になるという人もいるでしょう。 歯並びにコンプレックスを持っている場合、笑顔に自信を持てないこともあります...